bus_title.png

スクールバス運転士・添乗員

信頼していただけることが

何よりの喜びです

須藤 聡/すどう さとし

 

入社のきっかけ

以前は、実家のガソリンスタンドで勤めていました。この会社の近所ということもあり、運転士同士の仲の良さとか、なんとなく感じていたのと、日立の運転士さんがお客さんだったこともあり、色々と話をする中で、良い雰囲気だな、と。また、未経験者でも歓迎してもらえるという点もポイントでした。運転に自信が持てるまでしっかりと研修してもらったので、安心して現場に出られましたね。

職場の雰囲気

イメージ通り、社員同士の仲が良く、良い雰囲気でしたね。公式にはゴルフとかソフトボールのクラブがあるのですが、それ以外にも趣味の集まりがいくつかあるんですよね。私自身も以前はソフトボールを楽しんでいました。運転士同士がオンオフ共に仲が良いというのは、この会社の特徴だと思います。

路線バスとスクールバス

最初は路線バスを担当していました。お客様には年配の方が多く、地域における生活の足として機能していたため、ありがとうという言葉をいただく機会も多かった気がします。スクールバスを担当するようになってからは、安全・安心第一に加え、学校、お子さん、保護者の方々とのコミュニケーションなど、人との繋がりが増えました。最初は不安がありましたが、段々とお子さんも心を開いてくれるようになり、学校や保護者の方々から少しずつ信頼していただけるようになってきたことが喜びですね。

お客様が

心を開いてくれる瞬間が

何よりも嬉しいんです

関 宇/せき ひろし

 

運転士になったきっかけ

小さい頃から乗り物は好きでした。それに加え、小学生の頃に、身体的な障がいがある方の施設でボランティアをした体験が強く影響しているように思います。彼らとの交流を通じ、よろこびが伝わってきたと言いますか、五体満足に生まれた自分なりに、もっと人の役に立ちたい、と考えるようになりました。就職活動では、メーカー系と交通系を中心に検討していましたが、たまたま触れた日立のホームページで、運命的にも自分がやりたかった二つのこと、つまり「運転士」と「人のためになる」の両方が満たせる会社であると感じ、入社を決めました。

入社後のキャリア

新卒で日立に入社し、最初は中央区の<江戸バス>という、コミュニティバスの運転士をしていました。都営バスでは通らないような細い道や一方通行などを通るため、年配の方々をはじめとして、地域住民の足として機能します。コミュニティバスで経験を積んだ後、さらに大きい、特別支援学校のスクールバスに乗務するようになりました。ここでは、障がいのある方々のことを深く理解し、お役に立てるよう努めています。

仕事のやりがい

今は、特別支援学校の運転士として強いやりがいを感じています。最初は生徒が不信感を抱いていることもありますが、毎日顔を合わせるうちに距離も縮まり、話しかけてくれたり、手を握ってくれたりと、徐々に心を開いてくれるようになります。先生や保護者の方から感謝の言葉をもらったり、何より生徒本人から気持ちが伝わってくると、やはりこの仕事をしていて良かった、と感じますね。学期末で担当する学校が変わることも多く、別れは辛いのですが、「来期も同じドライバーさんでお願いしたい」という電話が会社にかかってくることもあるようで、とても嬉しく思います。

「大好き」と言われ

鳥肌が立つほど嬉しかったです

山梨 静子/やまなし しずこ

 

入社のきっかけ

障がいを持った生徒さんをバスの中で見守る仕事があると、友人から紹介を受けまして。自分の知らない世界だったのですが、そういうお子さん達と関わってみたいな、という気持ちがあり、挑戦してみることにしました。最初の一年間は、とにかく驚きと葛藤の連続でしたね。「もうできないかも知れない」という葛藤と、「ここまでやったんだから続けてみよう」という気持ちで。生徒さんの行動が読めず、窓に頭を打ってしまわないかなど、とにかく不安で、怖さもありました。全てが手探りで、無我夢中で悩み続けた一年間だったように思います。

この仕事の魅力

二年目から別の学校の担当になったのですが、最初のバスに比べると、障がいの程度が軽いお子さんが多かったこともあり、会話も楽しめるようになりました。そのあたりから、自分が引き出されるような感覚がでてきて、段々やっていくうちに楽しくなってきましたね。その中にいる自分がイキイキ、元気でいられる感じがして。だから続けられたのだと思います。

忘れられないエピソード

3年目に乗ったバスでのこと。何がきっかけで泣いちゃうのか全く分からないお子さんがいて、全然こちらも見てくれないし、話しかけても答えてくれないし、という状態が続いていたんです。でも、もうちょっと親しくなりたいな、という気持ちもあったんですね。ある時、帰りのバスの中で、たまたま席が空いていたので「隣に座っていい?」と声を掛けたんです。すると私の手を取って一言「大好き」って。半年以上、どうやって接したら良いのか悩んでいた子だったので、もう本当に鳥肌が立つくらい嬉しかったです。