福祉輸送のパイオニアである日立自動車交通において、送迎部門は29年の歴史を誇ります。中でもスクールバスは設立間もない頃から運行しており、都内の特別支援学校の送迎シーンにおいて必要不可欠な存在となりました。約30年に渡る運行で培われた経験とノウハウはしっかりと社内で継承され、今日のスクール送迎に活かされています。福祉輸送バスの運転に「急ぐ」「焦る」といった要素は禁物です。日々ご利用いただく生徒さんとのコミュニケーションを大切にし、おもてなしや気遣いの心を持ち接することが日々の安全運転に繋がり、それが生徒さんや保護者の方々の笑顔を生むのです。

スクールバス運転士の1日

5:45

点呼

7:10

発地

決められた場所で、生徒さんをお迎えします。

8:30

学校

学校まで生徒さんをお送りします。

9:15

車庫に戻り休憩

午後のお迎えまでの間、昼食を挟みつつしばし休憩します。

13:30

車庫発

14:10

学校

16:30

発地

生徒さんを所定の場所まで送り届け、​保護者に引き渡します。

無事に一日の勤務が終了。 お疲れさまでした!

17:15

車庫・点呼

スクールバス添乗員の1日

6:45

点呼

7:30

発地

生徒さんとコミュニケーションを取りながら学校に向かいます。

8:30

学校

9:15

車庫に戻り休憩

午後のお迎えまでの間、昼食を挟みつつしばし休憩します。

13:30

車庫発

14:10

学校

16:30

発地

生徒さんとお別れの挨拶を済ませ、保護者に引き渡します。

無事に一日の勤務が終了。 お疲れさまでした!

17:15

帰宅