02

観光バス

観光部門では、福祉輸送のノウハウを活かし、リフト付きの観光バスを運行しております。車椅子を載せて旅行できることから、足が不自由なお客様にも大変好評です。また、安心してご利用いただくため、運転士は車椅子の扱いはもちろんのこと、障がいのある方々とのコミュニケーションにも長けている必要があります。これは裏を返せば、当社で観光バス運転士として活躍するには、厳しい条件をクリアする必要があるということ。熟練の運転スキル、福祉輸送におけるキメ細やかな対応、最高レベルの接客態度等、それらすべての要件を満たしたドライバーだけが観光バスのハンドルを握ることができるのです。

観光バス運転士の1日

​(例:日光への日帰り観光)

6:00

点呼

7:15

配車地

車両の点検を行います。

10:00

日光観光

観光地までお客様をお連れし、現地で過ごします。

12:00

お昼ごはん

13:00

いろは坂観光・買い物など

道中の観光名所を見物したり、

​お客様をショッピング施設にご案内します。

15:00

帰路

16:00

サービスエリアで休憩

18:00

発地

無事に一日の勤務が終了。 お疲れさまでした!

19:00

車庫・点呼